スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事をお願いする方法を考えてみた。

今日、ニカラグアの友達宅でニュースを見ていた。
少年同士のケンカがおおごとになり、警察沙汰になっていた。
驚いたのが内容より、一瞬、顔のモザイクが外れたこと。
個人情報保護はどこにあるのか・・・。

前振りはこの辺で。本題。
JICAのパンフレットや写真なんかでは、日本人が途上国の方に
研修会の開催やリハビリを実施している方が写真うつりや体裁的に非常に良い。
しかし、いつかは去るはずの“風の人”である外国人であることを考えると、
現地住民である“土の人”にやってもらう、もしくは移行していくことが望ましい。
これを、技術移転といったり、技術提供と呼ばれる。(人によって定義が若干異なる気がするが。)
どうやったら、この国の方と一緒に仕事を“協力”しながらできるのか考えた。

1.仕事上で貸しを作る。
ちょっとした事を手伝う。物を持つ。準備を手伝う。資料整理を手伝う。
貸しを作ると、こちらが何か依頼した時に断りにくい。
義理、人情が大好きな日本社会で利用大・・・?
仕事に関して、薄情なニカラグア人に効果は怪しい。

2.インパクトを与える。
斬新なやり方を考える。今までやってなかったアプローチ以外の方法をする。
徒手的な治療一辺等だったのが、手すりや福祉用具のアプローチの考え方を提供する。
PTにICFの概念を伝えたら、目からウロコのように喜んでいた。
彼女にとって、非常にインパクトだったようだ。

3.簡単な方法を伝える。
これが、最も難しいと思う。難しい方法では誰も継続できません。

自己の経験値を言語化や視覚化によって簡単な方法を伝える。
どうしてこの患者は良くなると思ったのですか?
→経験的カン。って言えば非常に楽な逃げ道ですが、周りが納得しません。
あー、この人だからそうなったのかな、と思ってしまします。
どこでもだれでもいつでも、簡単に行えることが重要。
このテーマは今後も試行錯誤が必要。

4.相手の役割を作る。
何か依頼する時に、“あなたのそのスキルが必要なのです。手伝ってくれますか?”
こう言えば、相手の自尊心をくすぐり、相手の得意なところを生かす分には、相手も嫌な気持ちにならない。
“今度、アンケートをとりたいのですが、スペイン語がまだまだ不安定なので、ネイティブスピーカーのあなたと一緒にアンケート調査をしたいのですが、”と言えば、相手も断りにくいだろう。
作業療法的にいえば、“役割の提供”でしょうか。

こんなことを思いながら、各家庭のアンケート意識調査を試みる今日この頃。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アキラ:AKIRA

Author:アキラ:AKIRA
和歌山出身の作業療法士。
学生の時からの夢であった
青年海外協力隊に2011年出発!!

よく遊び
よく仕事
よく学ぶ
そんな男になるぜ!!

趣味は、ギター・自転車・バスケ・バレー・スキューバダイビング・ダーツ・スノボー・サーフィン・海外旅行・読書・映画など
とにかく経験することを大事にしてます。

i_scream_3@hotmail.com
連絡をいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。