スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事のこと

ニカラグア生活108日目です。
食中毒になってました。

職場の同僚と学校長がお見舞いに来てくれたり、JICA事務所より安静の指示が出たり。
改めて、健康管理の難しさを感じてます。

さて、以下は、JICA事務所に提出した報告書の一部改変したものです。


特別支援学校に派遣されたJICAボランティア(以下、ボランティア)が主に早期療育部門を担当している。主な業務としては、0~6歳(平均年齢3.5歳)の未就学児宅21件を現地の技術移転者と共に訪問する。交通手段はバスを利用するが、徒歩と合わせて1時間以上要すこともある。障害の分類として、脳性麻痺・水頭症・運動発達遅滞などの運動障害や未診断が76%と多い。また、貧困家庭が非常に多い。家族の希望として、歩行や座位の獲得を訴えることが多い。一方、通学児は視聴覚障害・知的障害・自閉症が多く、ほぼ歩行可能であり、監視レベルにてバスの昇降が可能である。運動障害が主となる児は5%と少ない。ボランティアは通学児の対応も業務の一環であり、不定期に教室を周り、教員のサポートをしながら、障害児の個別対応を行っている。さらに、療育室の準備も行っている。今後は、訪問と療育室が主な活動拠点になる予定である。その他に、保健センターや障害者支援団体、学校の各種イベントにも参加している。






学校内と訪問の2本柱で児童と関わっていると、
自宅訪問(0歳~6歳)では、運動機能障害を主とする児童が多い半面、
学校内(6歳~20歳)では、知的障害や視聴覚障害が多いです。
要は、歩行やADLが自立および監視レベルの児童は通学(バス通学)が可能になる。
ある程度ADLが自立しない児童は、家で閉じこもっている状況です。
中には、一日中ベッドの上で生活をしている事も少なくないです。

親を責めるだけでは、話が進みません。自分の子供ですから、成長を望まない訳がないのですから。しかし、親も生活のために仕事をすると、どうしても子供のADL面に手が回らない。
結果的に、児童が学校に行けなくなる。悪循環が始まっていきます。

少しでも、外出の機会が多くなるような仕組みづくりや学校の仕組みづくりに関わっていきたいな。と思った今日この頃です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そっちには「療育」という概念てありますか?
こっちの支援学校を見ていると、どうもそういう概念はないように感じています...。
そして、生活と子供の支援、両立が難しいのはどこも一緒だね。
こちらの状況報告、送ります(そのうち/笑)
お互い頑張るけど頑張りすぎず、楽しんでやりましょう!

No title

食中毒?!!しんどかったね(;O;)もう落ち着いたかな…?
未診断76%という数字は本当にショッキングだった。生活のため親は働きに出ないとダメだし…運動障害、重度障害があっても平等に、教育を受ける権利があるハズなのに。皆と同じように学ばせてあげたいね。。
送迎ってなれば、移動の間に必要になる、Ns,Drなど医療職(人手)もいるだろうから人件費や、移動にかかる費用もかかってきて、難しいのかな…?Mio

No title

> あきらくん。元気ですか??コロンビアより早苗です☆あっあきらくんはとうちゃんって呼んでたっけ??忘れちゃった・・・
>
> ニカラグアって小さい国なんだね・・・
> コロンビアは大きい国です。任地も首都のボゴタから飛行機で一時間半ぐらいのところです。
> 実はうちも大家さんと職場の、しかもDIRECTRAが同一人物!!!
> 正直距離感に困っていました。
> 最初に家を決める時に、同じ職場の人とは避けたい、しかも上司にあたる人とずっと一緒は厳しいってつたないスペイン語で伝えただけど、JICAスタッフに「Jefeっていうよりもamigaって感じだから大丈夫だ」って言われ、そこに住んでます・・・職場は働く部署が違うから会わないんだけど、やはり周りの人の気遣いやDIRECTRAの言うことが絶対なところが、日本人的な私はきつかったんだよなぁ・・・
> けど、本当に親切にしてくれて、まぁ視点を変えれば恵まれている環境なのかなって思った時に、ちょっと楽になりました。自分で上手に距離を取って行こうと思います。
>
> あきらくんはその後のんびりやってるのかな??
> 努力家だからうちも見習わないとだ!!日記スペイン語で書き始めようかな。

No title

シッポのコロンビア人
療育の概念はあるけど、システムや評価が全くない感じやね。
療育を受けられる子供はラッキー、
見つけられなかったり、親が生計を立てるので
必死な場合は、厳しいなーと感じる今日この頃。

報告楽しみにしてるで。


とうちゃん、さなえちゃん
ホームステイはある意味、ライフラインやからね。
今はホームステイと言うよりアパートに住んでる感じ。
出かけて、夜、適当に帰ってくる気ままな生活をしてます。

また、藤ちゃんの現状報告を聞かせてちょうだいな。
プロフィール

アキラ:AKIRA

Author:アキラ:AKIRA
和歌山出身の作業療法士。
学生の時からの夢であった
青年海外協力隊に2011年出発!!

よく遊び
よく仕事
よく学ぶ
そんな男になるぜ!!

趣味は、ギター・自転車・バスケ・バレー・スキューバダイビング・ダーツ・スノボー・サーフィン・海外旅行・読書・映画など
とにかく経験することを大事にしてます。

i_scream_3@hotmail.com
連絡をいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。